Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に

企業の経営管理で機密情報やビジネスプロセスを扱う「ERPシステム」だが、管理の甘い脆弱なシステムが攻撃者のターゲットになっているとして、米国土安全保証省の国家サイバーセキュリティ通信統合センター(NCCIC)やUS-CERTでは注意を呼びかけている。

管理が甘い「SAP」や「Oracle E-Business Suite」などの「ERP」が攻撃対象となっているとするOnapsisやDigital Shadowsの調査を受けて、注意喚起を行ったもの。

指摘された脅威は、「ERPシステム」におけるあらたな脆弱性ではなく、「SAP NetWeaver Application Server Java(SAP NetWeaver AS)」におけるサーブレット「Invoker」の脆弱性「CVE-2010-5326」をはじめ、「SOAP RFC」の悪用や脆弱なパスワードなど、さまざまな既知の脅威に起因したものだという。

攻撃者が高度な手法を用いなくとも「ERPシステム」への侵入が可能となり、ビジネスにおける機密情報を取得されたり、プロセスが制御されるといった被害や、他システムへアクセスするための踏み台として悪用されるおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定