Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券

上光証券の委託先において、同社の顧客情報が保存された端末が所在不明になっていることがわかった。同社では対象となる顧客に連絡を取っている。

同社によれば、印刷物の作成や発送業務などを行う委託先従業員が、車上荒らしに遭い、業務用パソコンを盗まれたもの。同端末には、同社が印刷物の発送に用いる住所録として提供していた顧客情報784件が保存されていた。

784件のうち、717件が個人情報としており、531件には氏名、勤務先、勤務先の住所や電話番号、役職などが含まれる。また186件には氏名と自宅の住所が保存されていた。

委託先の従業員が7月5日に自宅へ持ち帰った際、パソコンを車内に置いたままにしたところ、翌6日にパソコンが持ち去られていたことに気が付いたという。
住所録のファイルには、パスワードを設定されているとしている。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始