Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券

上光証券の委託先において、同社の顧客情報が保存された端末が所在不明になっていることがわかった。同社では対象となる顧客に連絡を取っている。

同社によれば、印刷物の作成や発送業務などを行う委託先従業員が、車上荒らしに遭い、業務用パソコンを盗まれたもの。同端末には、同社が印刷物の発送に用いる住所録として提供していた顧客情報784件が保存されていた。

784件のうち、717件が個人情報としており、531件には氏名、勤務先、勤務先の住所や電話番号、役職などが含まれる。また186件には氏名と自宅の住所が保存されていた。

委託先の従業員が7月5日に自宅へ持ち帰った際、パソコンを車内に置いたままにしたところ、翌6日にパソコンが持ち去られていたことに気が付いたという。
住所録のファイルには、パスワードを設定されているとしている。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査