Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専

明石工業高等専門学校は、個人情報を含む廃棄書類が学生によって持ち去られ、閲覧されていたことを明らかにした。また教諭による個人情報の誤送信が判明したという。

同校によれば、2016年度の入試成績関係資料の一部や、2013〜2015年度の教務手帳、2015年度の入学者名簿など個人情報を含む資料が流出したもの。

同資料は2015年春ごろ、廃棄用紙の一時保管場所に置かれているのを学生が見つけ、持ち去ったもので、その後、クラブ活動の部室に隣接する部屋のキャビネットに放置されていた。複数の学生が同資料を閲覧したほか、ひとりが撮影していたことが判明したという。

5月24日と31日に外部から入試情報が流出しているとの指摘があり、さらに6月4日には流出場所について情報が寄せられ、調査を実施したところ、これら資料を発見、回収した。同校では、撮影された画像は消去済みであると説明。関係する学生や保護者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県