Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専

明石工業高等専門学校は、個人情報を含む廃棄書類が学生によって持ち去られ、閲覧されていたことを明らかにした。また教諭による個人情報の誤送信が判明したという。

同校によれば、2016年度の入試成績関係資料の一部や、2013〜2015年度の教務手帳、2015年度の入学者名簿など個人情報を含む資料が流出したもの。

同資料は2015年春ごろ、廃棄用紙の一時保管場所に置かれているのを学生が見つけ、持ち去ったもので、その後、クラブ活動の部室に隣接する部屋のキャビネットに放置されていた。複数の学生が同資料を閲覧したほか、ひとりが撮影していたことが判明したという。

5月24日と31日に外部から入試情報が流出しているとの指摘があり、さらに6月4日には流出場所について情報が寄せられ、調査を実施したところ、これら資料を発見、回収した。同校では、撮影された画像は消去済みであると説明。関係する学生や保護者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設