Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN

蘭EXINの日本法人であるEXIN JAPANは、欧州経済領域(EEA)で求められるプライバシーや個人データ保護の知識を測る独自試験「EXIN Privacy&Data Protectionファンデーション」を、7月10日より開始する。

同試験は、5月25日に施行されたEUの一般データ保護規則(GDPR)で定義されているデータ保護や法的要件を理解する必要がある従業員向けに企画したもので、日本語に対応。40問の多肢選択式試験で、日本のITスキル標準(ITSS)においてレベル3相当としている。

企業や組織が規則を遵守するために必要な知識などを問う内容で、基礎レベルの「ファンデーション資格」と、コンプライアンスや法務部門の担当者、弁護士、セキュリティ担当者に向けた上位レベルの「実務者向けプラクティショナ資格」の2レベルを用意している。

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目
府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正