Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用

横浜国立大学とBBソフトサービスは、IoT分野のセキュリティについて共同研究を7月より開始した。

両者は2017年6月より共同研究に取り組んでおり、2018年度についてもIoT機器を対象としたサイバー攻撃による一般家庭や小規模企業への影響について引き続き研究を進める。

従来、IoT機器を利用する家庭環境を模した「IoTコネクテッドホーム試験室」を用いて研究調査を行ってきたが、2018年は仮想化環境で一般家庭やSOHOのネットワーク環境を再現した「バーチャルIoTホームハニーポット」を複数設置。攻撃の観測や攻撃手法、感染ルートなどの分析を進める。

また実際の一般家庭のネットワーク環境における接続機器の利用状況や、IoT機器へのマルウエア感染の状況など、調査用のツールを開発、配布することで情報を収集、解析したいとしている。

20180705_bb_001.jpg
「IoTコネクテッドホーム試験室」の構成(図:BBSS)

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か
ボット収集による検体種類が1年間で約6分の1に - CCCまとめ
企業で見つかった脆弱性の4分の3が公表から2年以上経過
POSや制御システムを狙った攻撃が増加
54%がマルウェア対策製品では検出不可能 - NTTコムレポート
2014年上半期のスパム、前年同期から60%増加 - マルウェア感染目的が背景に