Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」の既知脆弱性を探索するアクセスが増加

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Movable Type」に深刻な脆弱性「CVE-2021-20837」が見つかった問題で、脆弱性に対するスキャン行為の増加が観測されている。SANSの研究者が報告した。

「CVE-2021-20837」は、「XMLRPC API」における「OSコマンドインジェクション」の脆弱性。悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

シックス・アパートでは2021年10月20日にアップデートをリリースしたが、その後対策が不十分だったとして、12月に追加のアップデートをリリースした。脆弱性の実証コード(PoC)は10月26日に公開済み被害も確認されている。

SANSの研究者によれば、ハニーポットでは2021年後半にも小規模の探索行為を観測。その後動きは収束に向かっていたが現地時間3月17日より特定のIPアドレスを発信元とする同脆弱性の探索行為が急増したという。

複数のURLへアクセスを試みており、外部よりファイルをアップロードするためのバックドアを設置。バックドアには、ライトノベル作品の「ソードアート・オンライン」に登場したキャラクターを意識したと見られる文字列「Kirigaya Kirito」含まれていたという。

(Security NEXT - 2022/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性