Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、5月にウェブやメール経由で観測したマルウェアの状況を明らかにした。ウェブ経由のマルウェアは、「WordPress」の改ざんサイトより多数見つかっているという。

同社がマネージドセキュリティサービスにおいて、ウェブやメール向けサービスで検出したマルウェアの状況を取りまとめたもの。

5月に検出したウェブ経由のマルウェアは、「Trojan.JS.Agent」が最多で58.5%にのぼる。これらはコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の脆弱性が悪用されて埋め込まれた「JavaScript」が多くを占めるという。

「Trojan.JS.Agent」では、外部の「JavaScript」を読み込むが、検知を逃れるためにリダイレクトを繰り返し、最終的には偽のセキュリティアラートを表示するケースが多く、リンク先から偽セキュリティ対策ソフトの購入や有料のサポート契約などを迫っていた。

20180705_ii_001.jpg
ウェブ経由で検知されたマルウェア(グラフ:IIJ)

次に多く検知したとするマルウェアとして、同社は仮想通貨のマイニングを行う「JavaScript」を検知した「Trojan.JS.Miner(12.5%)」を挙げた。これらの多くは「Coinhive」としており、そのほかのマイニングを行うスクリプトも含まれるという。

ウェブ閲覧時に仮想通貨をマイニングさせるスクリプトに関しては逮捕者が出る一方、違法性に疑問の声も挙がっているが、同社によると、集計は利用しているマルウェア対策ベンダーの検知ロジックやカテゴリを受けたものだとしている。

一方メール経由で検知されたマルウェアは、感染端末でメールアドレスを収集し、感染を拡大するワームの「Mydoom」が57.5%で過半数を占めた。システムからのエラーメッセージを装ったメールの添付ファイルで拡散している。

次に多く検知されたのは「Trojan-PSW.Win32.Fareit」で10.1%、「Backdoor.Win32.Androm」が7.7%、「Trojan-Downloader.MSWord.Agent」が5.9%と続いた。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向