Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院

兵庫医科大学病院は、患者の個人情報を保存したノートパソコンを医師が紛失したことを明らかにした。

同院によれば、6月8日に同院医師がノートパソコンを紛失したもの。問題のパソコンには、2013年12月から2018年4月までの間、同院消化管内科において内視鏡手術や化学療法を受けた患者374人の個人情報が保存されていた。氏名や生年月日、年齢、性別のほか、診断名や内視鏡画像、病理検査結果、化学療法投与薬剤名などが含まれる。

6月8日、院内でパソコンを使用し、医師の記憶では20時半ごろ鞄にパソコンを入れて病院を出て飲食店に立ち寄って帰宅したところ、鞄の中にパソコンがなかったという。

同医師は警察へ紛失届を提出し、上長へ報告した。同院では当時の状況から、同医師がパソコンを鞄に入れたのは勘違いで、実際は鞄に入れず院内に放置したため盗難に遭った可能性があると判断。同月18日に警察へ盗難届を提出した。同院では、対象となる患者に説明と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市