Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及

今回の情報流出のきっかけとなる不正アクセスを受けたのは、鳥取県の環境家計簿「我が家のエコ録」。登録者情報436件が漏洩した。氏名あるいはニックネーム、メールアドレス、ログインID、パスワード、市町村名、ガスやガソリンの種類、太陽光補助の年など含まれる。

件数が一番大きかったのが滋賀県。過去に開設していた環境家計簿サイト「みるエコおうみ」の登録者に関する情報2489件が流出した。氏名やメールアドレス、最終ログイン情報などが含まれる。

同サイトの開設は2008年で2014年には提供を終了しているが、データがサーバに残存していた。契約上は取得した個人情報を終了後に廃棄することになっていたが、削除されていなかったという。

さらに埼玉県では、「埼玉(WEB)版家庭のエコ診断」の運用を同社へ委託しており、登録者の氏名や市町村、メールアドレス、パスワード、年代など、2291人分が影響を受けた。そのうち90人に関しては、プレゼント当選時の景品送付先として住所や郵便番号、電話番号なども含まれる。

ウェブサイトやスマートフォンアプリ版の環境家計簿「楽しく省エネ!ECOダイラーくらし宣言」を提供していた東京都小平市では、3月20日時点の登録者1516件が流出した。登録したニックネーム、メールアドレス、ログインID、町名、住宅、住居人数、助成の希望、ガスやガソリンの種類、最終ログイン日時など含まれる。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
カードゲーム通販サイトで情報流出 - 旧サーバに不正アクセスか
豚肉製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機