Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 67.0.3396.62」がリリース - セキュリティ上の問題34件に対処

「Chrome」の開発チームは、「Windows」や「Mac OS」「Linux」向けに「Chrome 67.0.3396.62」を提供開始した。

今回のアップデートは、機能強化や修正のほか、セキュリティ上の問題34件について対処したもの。重要度が「高(High)」とされる脆弱性は、型の取り違えによる脆弱性「CVE-2018-6124」や、「WebUSB」におけるポリシーの問題「CVE-2018-6125」などあわせて9件。

バッファオーバーフローや、解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」、域外メモリへのアクセス、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの脆弱性に対処した。

さらに重要度「中(Medium)」の脆弱性12件や「低(Low)」の脆弱性3件などを修正している。

(Security NEXT - 2018/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新