Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開

個人情報保護委員会は、5月21日から同月31日までを「Privacy Awareness Week」とし、個人情報保護の重要性について周知促進に向けた取り組みを展開する。

同委員会では改正個人情報保護法の全面施行の日を含む5月21日から同月31日までを、「Privacy Awareness Week(PAW)」として設定したもの。

同委員会が加盟する「アジア太平洋プライバシー執行機関(Asia Pacific Privacy Authorities)」では、各加盟機関が毎年特定月を「Privacy Awareness Week」として、プライバシーや個人情報保護の啓発活動を展開しており、2018年は5月が対象となっていることを受けて設定した。

同委員会では、期間中に開催された「Privacy Awareness Symposium」を後援し、登壇者を派遣したほか、2018年度の活動として、座談会の開催や小学校を対象とした授業、中高校生向けの個人情報保護に関する啓発リーフレットの配布といった取り組みを展開する。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導