Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市

福岡県古賀市は、5月11日に発送した特定健康診査受診券の一部において、裏面に本人とは関係ない個人情報が記載されていたことを明らかにした。

同市によれば、9395人へ送付した特定健康診査受診券のうち31人分において、裏面に本人とは関係ない氏名や生年月日、年齢、性別などが記載されていたもの。そのうち過去に受診歴がある10人分に関しては、直近の検査結果も含まれるという。

5月14日に受診券を受け取った4人から指摘があり、同市で調査を開始、問題が明らかとなった。前後にずれて印刷されたもので、プリンタの動作に問題があったものと見られる。

翌15日、問題の受診券を送付した人数が31人と判明したため、同市では対象者を訪問して謝罪。誤記載のある受診券を回収した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県