Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市

福岡県古賀市は、5月11日に発送した特定健康診査受診券の一部において、裏面に本人とは関係ない個人情報が記載されていたことを明らかにした。

同市によれば、9395人へ送付した特定健康診査受診券のうち31人分において、裏面に本人とは関係ない氏名や生年月日、年齢、性別などが記載されていたもの。そのうち過去に受診歴がある10人分に関しては、直近の検査結果も含まれるという。

5月14日に受診券を受け取った4人から指摘があり、同市で調査を開始、問題が明らかとなった。前後にずれて印刷されたもので、プリンタの動作に問題があったものと見られる。

翌15日、問題の受診券を送付した人数が31人と判明したため、同市では対象者を訪問して謝罪。誤記載のある受診券を回収した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市