Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市

大阪市は、3月21日から4月20日にかけて報告があった個人情報に関する事故24件を明らかにした。

同市によると、すでに公表済みの事故を含め、誤交付8件や誤送付6件など、あわせて24件の事故が同期間中に発生したという。

事故において比較的対象件数が大きかったものとしては、消防署でロッカーに保存していた救急活動記録の紛失が4月9日に判明した。4月7日、翌8日の記録で個人情報26件が含まれていたという。

それ以外の事故はいずれも1件や2件と規模が小さい事故だという。役所の窓口による住民票の取り扱いや市立小学校のほか、委託先で4件で誤交付が判明。介護保険に関する書類の誤送付や委託先における誤送付が発生している。

また介護保険関連書類の紛失や福祉システムへの入力ミスにより書類が別人に届いたケースも判明した。

(Security NEXT - 2018/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
ファンクラブサイトで不具合 - 会員情報を誤表示
ベーグル店に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性