Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク

国内のWindows端末の11%にランサムウェア「WannaCrypt」などに感染するリスクがあるとの調査結果をAvast Softwareが取りまとめた。グローバルでは3割弱にのぼるという。

同社が製品利用者における脆弱性への対応状況を調べたもの。同社によると、2018年3月までの時点で、日本国内で利用されているWindows端末の11%に「EternalBlue」の脆弱性が依然として存在。ランサムウェア「WannaCrypt」をはじめ、同脆弱性によって拡散されるマルウェアに感染するリスクがあったという。

グローバルで見ると、29%に同脆弱性が存在。なかでもアゼルバイジャン、アルメニア、イエメンの3カ国は突出しており、5割以上のWindows端末に同脆弱性が存在していることがわかった。

20180511_as_001.jpg
脆弱性「EternalBlue」への対応状況に関するヒートマップ(図:Avast)

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
2017年の国内検出ランサムウェア、6割が「WannaCrypt」 - 多様化の進むランサム攻撃