Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク

国内のWindows端末の11%にランサムウェア「WannaCrypt」などに感染するリスクがあるとの調査結果をAvast Softwareが取りまとめた。グローバルでは3割弱にのぼるという。

同社が製品利用者における脆弱性への対応状況を調べたもの。同社によると、2018年3月までの時点で、日本国内で利用されているWindows端末の11%に「EternalBlue」の脆弱性が依然として存在。ランサムウェア「WannaCrypt」をはじめ、同脆弱性によって拡散されるマルウェアに感染するリスクがあったという。

グローバルで見ると、29%に同脆弱性が存在。なかでもアゼルバイジャン、アルメニア、イエメンの3カ国は突出しており、5割以上のWindows端末に同脆弱性が存在していることがわかった。

20180511_as_001.jpg
脆弱性「EternalBlue」への対応状況に関するヒートマップ(図:Avast)

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
2017年の国内検出ランサムウェア、6割が「WannaCrypt」 - 多様化の進むランサム攻撃
「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず