Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」

一方「Spring Security OAuth 2.x」では、リモートでコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性「CVE-2018-1260」が存在するという。

脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」としており、開発チームでは「Spring Security OAuth 2.3.3」「同 2.2.2」「同2.1.2」「同2.0.15」をリリースした。

さらに「Spring Framework」のメッセージング機能では、4月に深刻な脆弱性「CVE-2018-1270」が判明しているが、異なるReDoSの脆弱性「CVE-2018-1257」があらたに判明した。

重要度は1段階低い「高(High)」。正規表現の処理に問題があり、サービス拒否の状態に陥るおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み