Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調

NTTとNTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららのグループ3社は、無許諾で違法にマンガなどの著作物を配信するいわゆる「海賊版サイト」に対し、アクセスを制限する「ブロッキング」の措置を近く講じる予定だ。

20180427_ka_001.jpg
知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議の様子(画像:首相官邸)

政府では、4月13日に知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議合同会議を開催。同会合では海賊版サイトによる被害が拡大する状況にあるとして、本部長である安倍内閣総理大臣が、可能なものから一刻も早く対策を講じるよう指示。政府では海賊版サイトに対する緊急対策を決定した。

同決定では、法制度の整備が行われるまでの緊急対策として、「特に悪質と考えられるサイト」に限定した「ブロッキング」の実施に向け、考え方や対象など要点を整理。民間事業者による自主的な対応を促している。

今回の決定に対し、「海賊版サイトによる被害が深刻化している」などとして複数のコンテンツ事業者団体が歓迎する意見を表明。また著作権の重要性については、肯定的な意見で一致しているが、一方で今回の措置で対策として挙がった「ブロッキング」に関しては、違法性や決定プロセスの不透明性など、問題が多く指摘されている。

20180427_sb_001.jpg
知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議合同会議による概要

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用