Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調

NTTとNTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららのグループ3社は、無許諾で違法にマンガなどの著作物を配信するいわゆる「海賊版サイト」に対し、アクセスを制限する「ブロッキング」の措置を近く講じる予定だ。

20180427_ka_001.jpg
知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議の様子(画像:首相官邸)

政府では、4月13日に知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議合同会議を開催。同会合では海賊版サイトによる被害が拡大する状況にあるとして、本部長である安倍内閣総理大臣が、可能なものから一刻も早く対策を講じるよう指示。政府では海賊版サイトに対する緊急対策を決定した。

同決定では、法制度の整備が行われるまでの緊急対策として、「特に悪質と考えられるサイト」に限定した「ブロッキング」の実施に向け、考え方や対象など要点を整理。民間事業者による自主的な対応を促している。

今回の決定に対し、「海賊版サイトによる被害が深刻化している」などとして複数のコンテンツ事業者団体が歓迎する意見を表明。また著作権の重要性については、肯定的な意見で一致しているが、一方で今回の措置で対策として挙がった「ブロッキング」に関しては、違法性や決定プロセスの不透明性など、問題が多く指摘されている。

20180427_sb_001.jpg
知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議合同会議による概要

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首