Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口

セゾンカードの利用者を狙い、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会では注意尾を呼びかけている。

20180423_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

クレイディセゾンをかたり、「セゾンNetアンサー」で「第三者によるアクセスを確認した」などと不安を煽って、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

フィッシングメールでは、暫定的にIDを変更したなどと説明。誘導先の偽サイトで、アカウント情報やクレジットカード情報などを入力させようとしていた。フィッシングサイトとして15件のURLが報告されているという。

同協議会では、4月23日の時点でフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、フィッシング対策協議会へ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加