Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信

東京都中央卸売市場は、豊洲市場都民見学会の受託事業者において、見学会当選者宛てメールの誤送信が発生したことを明らかにした。

都が開催している豊洲市場都民見学会において、受託事業者である凸版印刷が見学会当選者宛てにメールを送信した際、ミスが発生したもの。

見学会当選者のうち、抽選結果や集合時間などの案内メールが届かなかった1人に対し、4月16日にメールを再送信したが、氏名が記載された状態で、当選者38人全員に誤って送信してしまったという。

同日中にメール受信者から、関係ない氏名が記載されているとの連絡があり問題が判明。同メールはBCCで送信しており、メールアドレスなどの流出については否定している。

都では氏名を誤送信された1人に謝罪するとともに、関係者に連絡して誤送信したメールの削除を依頼した。また、受託事業者に再発防止策の報告を求めるとしている。

(Security NEXT - 2018/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大