Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県

長野県は、インターネットを通じて公共活動への寄付が行えるサイト「長野県みらいベース」において、不正にクレジットカード番号の入力が行われたことを明らかにした。

同県によれば、4月14日から15日にかけて、長野県みらい基金が運用する同サイトで架空のクレジットカード番号が2万回以上入力され、寄付の申し込みが行われたという。同県では不正入力を受け、16日午前にクレジットカード決済による寄付の受け付けを停止した。

不正に入力されたカード番号で決済が行われたものはなかった。また、サーバへの不正アクセスなどは確認されず、個人情報の流出についても否定している。

同県では、クレジットカードによる寄付について、サイトのメンテナンス終了後に再開する予定としている。

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ