Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を

Cisco Systems製スイッチの設定ツールを狙った攻撃のリスクが高まっているが、同社は原因となる「Cisco Smart Install」が、デフォルトで有効化されていることをあらためて強調し、利用者へ注意を呼びかけている。

20180417_cs_001.jpg
深刻な脆弱性「CVE-2018-0171」(画像:Cisco Systems)

スイッチの設定を行ったり、IOSイメージの管理を行うツール「Cisco Smart Install Client」において利用するプロトコル「Cisco Smart Install」の誤用が存在しており、悪用する動きが広がっているもの。

管理者の意図しないイメージへの置き換え、コマンドの実行など行われるおそれがあり、実際に「国レベルの攻撃」が原因と見られる被害も発生している

また「Cisco Smart Install Client」に関しては、重要度「深刻」のバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0171」が判明しており、同脆弱性を悪用するコードが確認されている。さらに探索行為の増加も観測されるなどリスクが高まっており、同社や複数機関から注意喚起が行われている。

これまでも同社や関連機関では、アップデートの適用や同機能の無効化、アクセス制限など対策を講じるよう呼びかけてきたが、影響の大きさからCisco Systemsはアドバイザリを更新。

「Cisco IOSソフトウェア」「Cisco IOS XE ソフトウェア」を利用するスイッチにおいて、デフォルトで「Cisco Smart Install Client」が有効化されていることをあらためて強調した。

普段より同機能を利用していない場合であっても、デフォルトより設定を変更していなければ影響を受けるおそれがあることから、「Cisco Smart Install Client」をサポートする機器を利用していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性