Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ

20180412_ni_002.jpg
評価の指標(表:NISC)

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「サイバー攻撃による重要インフラサービス障害等の深刻度評価基準」のパブリックコメント案を公開した。5月17日まで意見を募集している。

同案では、サイバー攻撃により重要インフラで障害が発生した場合に、障害が社会に与えた影響の深刻さを事後評価するための基準を示している。

サービス持続性への影響と、サービスに関する安全性への影響などを評価指標としており、もっとも深刻度が低い「レベル0(なし)」から、もっとも深刻度が高い「レベル4(危機)」の5段階で評価する。

20180412_ni_001.jpg
深刻度表(表:NISC)

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に