Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ

今後は、この基準を障害が発生した時点で社会への影響を予測的に評価することに活用し、政府の対応を判断する基準とすることを検討。

官民における情報共有体制や、方法の基準として活用することも視野に入れ、国際的な評価基準との整合性を図るとしている。

意見はメール、e-Govのフォーム、ファックス、郵送などで受け付ける。提出期限は5月17日17時。郵送の場合は同日必着となる。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT