Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市

岩手県八幡平市は、管理者用のパスワードを業務目的外で利用して、人事情報を不正に閲覧していた職員に対し、懲戒処分を実施した。

同市によれば、同職員は現在の部署へ異動になる前から長期にわたり、一時的に交付された管理者用のパスワードを業務目的外で使用。業務用パソコンから人事や給与、昇給に関する資料などを不正に閲覧していた。また、職員のパスワード一覧などの保存も行っていたという。

同市では今回の問題についてコンピュータの不適正使用にあたり、一部職員でパスワードの変更が必要となるなど、公務に影響を与えたとして、同職員を3月12日付けで減給10分の1、1カ月の懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町