Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン

ポルシェジャパンにおいて、委託先が管理するサーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は最終調査報告を公表し、最大3万1574件の顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

20180410_pj_001.jpg
最終報告を行ったポルシェジャパン

問題の不正アクセスは、海外のウェブサイトで情報が不正に取得されたことを示す内容を確認したとして、2月21日にドイツの親会社より指摘があり、問題が発覚したもの

1月23日から2月11日にかけて複数回にわたりサーバのウェブアプリケーションが不正アクセスを受け、一部顧客情報の流出を確認。流出範囲の特定に向けてフォレンジック調査などを進めていた。

これまでにカタログを請求した顧客のメールアドレス2万3151件や、キャンペーン応募者に関するメールアドレス5568件の流出を確認しているが、その後の調査であらたな流出が判明したという。

(Security NEXT - 2018/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
マニュアル作成サービスに不正アクセス、一部データが流出 - 原因は調査中