Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定

FFRIは、エンドポイントセキュリティ対策製品「FFRI yarai」向けに、脅威の検索や端末の隔離などを実現するアドオン機能を10月より提供すると発表した。

「FFRI yarai」は、定義ファイルに依存せず、複数の検出エンジンを搭載したエンドポイント向けセキュリティ対策製品。

10月よりあらたに「FFRI yarai EDR(仮称)」をアドオンとして提供するもので、脅威の検索や端末の隔離機能を追加する予定。インストーラーは「FFRI yarai」と同一で、アドオンのライセンスを購入することで利用できる。価格は未定。

具体的には、管理コンソールより各端末内のマルウェアをハッシュ値ベースで検索でき、結果をHTML形式のレポートとして出力することが可能。また脅威が検出された端末をネットワークから隔離できる。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ