Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定

FFRIは、エンドポイントセキュリティ対策製品「FFRI yarai」向けに、脅威の検索や端末の隔離などを実現するアドオン機能を10月より提供すると発表した。

「FFRI yarai」は、定義ファイルに依存せず、複数の検出エンジンを搭載したエンドポイント向けセキュリティ対策製品。

10月よりあらたに「FFRI yarai EDR(仮称)」をアドオンとして提供するもので、脅威の検索や端末の隔離機能を追加する予定。インストーラーは「FFRI yarai」と同一で、アドオンのライセンスを購入することで利用できる。価格は未定。

具体的には、管理コンソールより各端末内のマルウェアをハッシュ値ベースで検索でき、結果をHTML形式のレポートとして出力することが可能。また脅威が検出された端末をネットワークから隔離できる。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
世代や立場で求められるインシデント対応の知識レベルは? - ラックが指南書
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック