Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定

FFRIは、エンドポイントセキュリティ対策製品「FFRI yarai」向けに、脅威の検索や端末の隔離などを実現するアドオン機能を10月より提供すると発表した。

「FFRI yarai」は、定義ファイルに依存せず、複数の検出エンジンを搭載したエンドポイント向けセキュリティ対策製品。

10月よりあらたに「FFRI yarai EDR(仮称)」をアドオンとして提供するもので、脅威の検索や端末の隔離機能を追加する予定。インストーラーは「FFRI yarai」と同一で、アドオンのライセンスを購入することで利用できる。価格は未定。

具体的には、管理コンソールより各端末内のマルウェアをハッシュ値ベースで検索でき、結果をHTML形式のレポートとして出力することが可能。また脅威が検出された端末をネットワークから隔離できる。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント