Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害

20180405_tm_003.jpg
iPhoneが購入できるかのように見せかけていた(画像:トレンドマイクロ)

同社が調査したサイトでは、あたかも「iPhone 7」「AirPods」「シリコンケース」のセットを100円から200円程度と低価格で購入できるかのように見せかけ、氏名や住所、メールアドレス、電話番号のほか、セキュリティコードも含むクレジットカード情報などの入力を求めていた。

一方で、取得したクレジットカード情報による請求を正当化するためか、目立たない色のフォントでサイトの趣旨と見られる説明を掲載。

提示した金額は、抽選に申し込むためのもので、3日のトライアル期間経過後、退会するまで定期的にオンラインサービスの請求が行われるといった内容が書かれていた。

説明文を確認することで、クレジットカードを狙った悪質な詐欺であることがわかるとトレンドマイクロでは指摘している。

20180405_tm_004.jpg
わかりにくいよう暗いフォントで書かれた説明文(画像:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン