Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結

トレンドマイクロと警視庁は、インターネット利用にともなう危険から子どもを守るための活動推進で契約を締結した。

子どものインターネットにおける非行や、被害の防止を推進する目的で契約を締結したもの。具体的には、都内の小中高校において、情報モラルと規範意識の向上を図るセミナー「~みんなで学ぶ~TOKYOネット教室」を共同開催する。

また、インターネットやスマートフォンなどの利用に関するルール策定の重要性や、フィルタリングの有効活用に関する情報発信を、保護者や教職員向けに実施していく。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
トレンド、小学生と保護者対象の夏休みセキュリティ教室を開催