Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加

同四半期にあらたに検知されたマクロマルウェアは、約14万4000件で前四半期比で53%の増加。ただし、2017年全体では前年比で35%減となった。

20180328_ma_001.jpg
記者説明会に登壇した櫻井氏

一方「PowerShell」を悪用するファイルレスマルウェアは、約1万6600件を検知しており、前四半期比267%の増加。1年間を通じて見ると、前年の5倍以上とファイルレスマルウェアの悪用が目立っている。感染経路はメールが中心で、添付ファイルなどに注意が必要だという。

JavaScriptベースのマルウェアは約432万件で前四半期より9%減少した。メール経由の検出が中心だという。またこれらには、「Coinhive」をはじめ、ブラウザ上でマイニングを行うスクリプトについてもマルウェアとして検出しており、これら統計に含まれるという。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に