Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM

大日本印刷とNTTコミュニケーションズは、通信機能とセキュリティ機能をIoT機器向けに提供する「セキュリティSIM」について3月より開発に着手する。

両社が開発に取り組むのは、IoT機器向けに提供するセキュリティ機能を備えた「SIM」および「eSIM」。従来「SAM」や「TPM」で提供されてきたセキュリティ機能と通信回線をワンチップで提供。通信回線の加入者認証やIoT機器の認証、通信データの暗号化、ソフトウェアの改ざん検知機能などを利用できるという。

セキュリティ機能をICチップ内に実装することで、物理攻撃や暗号を解読するサイドチャネル攻撃に対する耐タンパ性を確保。DNPのIoT環境向けに提供する「IoSTプラットフォーム」を利用することで、データを暗号化できる。さらにSIMチップ内で管理する秘密鍵やホワイトリストを利用した署名検証やセキュアブート機能なども予定している。

今後の実用化にあたっては、「IoSTプラットフォーム」の活用により、SIM製造時に暗号鍵と電子証明書を初期発行し、定期的に更新する機能を実装する予定。NTTコムでは、MVNOとして「セキュリティSIM」を国内で発行し、同SIMを活用したIoTソリューションを提供していく。

(Security NEXT - 2018/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収