Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査

攻撃パケットの動向について観測を行っている情報通信研究機構(NICT)は、2017年の1年間にIPアドレス1件あたり、平均56万件の攻撃パケットを受信したとの調査結果を取りまとめた。

同機構が、2017年にNICTERプロジェクトが運営する約30万件のIPアドレスで構成されたダークネットで観測したサイバー攻撃の状況について調査、分析し、取りまとめたもの。

1年間に観測した攻撃パケットは、あわせて1504億パケット。IPアドレス1件あたり、約56万の攻撃パケットを受信したことになる。一昨年と比較すると増加率に鈍化は見られたものの、前年の約1.2倍と引き続き拡大傾向が見られた。

20180227_ni_002.jpg
観測された攻撃パケット数の推移(表:NICT)

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに