Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校

東海高校・中学校は、同校で実施する市民公開講座「サタデープログラム」の案内メールで誤送信が発生したことを明らかにした。

同校によると、開講について案内するメールを発送した際にミスがあり、約180件のメールアドレスが流出したという。

同校では受信者に対してメールで謝罪。今後はメール送信を手作業からメールマガジンの配信システムへ移行することで再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院
外国人向け台風警戒メールで誤送信 - 湖南市
児童向けイベントの連絡メールで誤送信 - 神戸市
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
説明会の参加者宛メールで誤送信 - 大阪府
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大