Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校

東海高校・中学校は、同校で実施する市民公開講座「サタデープログラム」の案内メールで誤送信が発生したことを明らかにした。

同校によると、開講について案内するメールを発送した際にミスがあり、約180件のメールアドレスが流出したという。

同校では受信者に対してメールで謝罪。今後はメール送信を手作業からメールマガジンの配信システムへ移行することで再発を防止するとしている。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
メール誤送信でモニターの個人情報が流出 - コタ
講演会案内メールで誤送信、メアド流出 - 日本科学技術連盟
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信
求人情報サイトの案内メールで誤送信、975件のメアド流出
委託先が保護者500人宛のメールで誤送信 - 名古屋市
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
メール誤送信でふるさと納税者のメアド流出 - 小諸市
個人情報含むファイルをメール誤送信 - 香川大
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出