Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス

東京ガスは、顧客情報が記載されたガス漏れ修理工事代金の領収証が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、東京都と埼玉県の一部顧客のガス漏れ修繕を担当する西部ガスライト24において、ガス工事代金の領収証控えを紛失したもの。

2015年4月から2016年3月までの領収証控え669件が収納された保存箱1箱の所在がわからないという。顧客の氏名、領収金額、領収内訳が記載されていた。

問題の領収証控えは、2017年4月に事務所内のキャビネットから文書保存センターへ移管。顧客対応のため、2月14日に確認したところ、紛失していることが判明した。捜索したが発見できず、警察へ届けている。

文書保存センターは常時施錠されており、2017年5月に保管期限の過ぎた書類の廃棄処理を行った際に保存箱を搬出していることから、誤って処分した可能性が高いと説明。対象となる顧客に対し、書面で説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋