Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応

エンカレッジ・テクノロジは、クライアント端末の管理者アカウントを一元管理する「ESS AdminControl for Client」を提供開始した。

同製品は、クライアント端末における管理者アカウントを集中管理できるソリューション。パスワードを、ランダムな文字列を用いて定期的に変更するほか、利用者からの申請に基づいてワンタイムパスワードを発行できる。また、端末からログイン履歴を収集。不正なアクセスの有無など、管理者アカウントに関するレポートを提供する。

ライセンス価格は、管理サーバ1台、クライアントPC500台の場合で246万6000円。年間の保守費用はライセンス価格の20%となる。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション