Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応

エンカレッジ・テクノロジは、クライアント端末の管理者アカウントを一元管理する「ESS AdminControl for Client」を提供開始した。

同製品は、クライアント端末における管理者アカウントを集中管理できるソリューション。パスワードを、ランダムな文字列を用いて定期的に変更するほか、利用者からの申請に基づいてワンタイムパスワードを発行できる。また、端末からログイン履歴を収集。不正なアクセスの有無など、管理者アカウントに関するレポートを提供する。

ライセンス価格は、管理サーバ1台、クライアントPC500台の場合で246万6000円。年間の保守費用はライセンス価格の20%となる。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携