Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表

情報セキュリティ大学院大学は、第14回「情報セキュリティ文化賞」の受賞者を発表した。京都大学公共政策大学院教授の岩下直行氏ら6名が受賞した。

同賞は、情報セキュリティ分野の進展に貢献した個人を対象とした表彰。情報セキュリティの中核を担う人材の育成促進を目的として、同大が2005年に制定した。

企業や自治体、団体などで情報セキュリティに関し、経営的な視点から先導的役割を果たした個人や、情報セキュリティに関わる学術や法制度の研究、啓発、普及、人材育成などの面で貢献した有識者などを対象としており、公募および審査委員からの推薦に基づき、1月23日に受賞者を決定した。

金融機関における情報セキュリティの研究に貢献した京都大学公共政策大学院教授の岩下直行氏や、情報セキュリティの法学分野やデジタルフォレンジックの普及などに尽力した京都産業大学法務研究科客員教授、慶應義塾大学名誉教授の安冨潔氏、ネットワークセキュリティ分野においてセキュリティ対策技術の開発に寄与した国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系教授の高倉弘喜氏が受賞。

さらに人材育成分野で活躍する情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンターのセンター長である園田道夫氏や、情報セキュリティスペシャリスト試験で主導的な役割を果たした日本大学商学部非常勤講師の杉野隆氏、青少年教育の普及啓発に尽力した情報処理推進機構(IPA)専門委員でネット教育アナリストの尾花紀子氏が選出された。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも