Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、仮想通貨に関する広告の審査を代行するサービス「仮想通貨広告パトロール」を提供開始した。

同サービスは、仮想通貨取引所や広告代理店を対象に、仮想通貨に関する広告の審査代行を提供するもの。

ブロックチェーン主要団体などが公開している広告配信における留意事項や顧客企業の基準、ガイドライン、景品表示法などの広告関連法に基づき、掲載前や掲載中の仮想通貨関連の広告原稿をチェック。広告コンテンツの健全性や信頼性を強化できるとしている。

(Security NEXT - 2018/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に