Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開

20180206_or_001.jpg
記者説明会に登壇した佐藤氏(画面左)と大澤氏(同右)

同社のCloud Platformビジネス推進本部で本部長を務める佐藤裕之氏は、複数のクラウドサービスや、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境など、横断的にセキュリティを管理する必要がある点を強調。サービス群の活用でワンストップに対応できる点をアピールした。

またサービスブランドに「SOC」とあるが、同部シニアマネージャーの大澤清吾氏は、監視サービスなどを含むわけではなく、「SOCの運用を支援するサービス群」という位置付けだと説明。各サービスを利用したオペレーションサービスについてはパートナーと展開の準備を進めているという。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
パブリッククラウド利用企業向けにセキュリティ支援 - DTRS
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト