Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ

アプリケーションにセキュリティ対策機能を実装する「Spring Security」および「Spring Framework」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Pivotal Softwareが提供する「Spring Security」および「Spring Framework」に認証が回避される脆弱性「CVE-2017-8030」が含まれていることが明らかになったもの。開発者は同脆弱性の重要度を「高(High)」とレーティングしている。

同脆弱性は、NTT、NTTデータ、NTTコムウェアによるMacchinettaフレームワーク開発チームが情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

Pivotalでは、脆弱性へ対応した「Spring Security 5.0.1」「同4.2.4」「同4.1.5」および、「Spring Framework 5.0.3」「同4.3.14」を提供。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み