Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品

カスペルスキーは、安全性が低いWi-Fi通信から通信を保護するコンシューマー向けサービス「カスペルスキー セキュアコネクション」のAndroid版とiOS版の提供を開始した。

同製品は、Wi-Fi接続時の安全性をチェックし、通信が暗号化されていない場合や、アクセスポイントの提供元が不明など、安全性が低い場合にVPNによる通信へ切り替え、通信を保護するサービス。

有料版では、接続先のVPNサーバの国や地域を、日本や米国、ドイツ、シンガポールなど含む複数の国や地域から選択できる。またAndroid版では、インターネットに接続するアプリ、ウェブサイトのURL、ウェブサイトのカテゴリによる自動起動の設定も可能。

アプリは、「Google Play」「App Store」より提供し、無料版では1日あたり200Mバイトまで利用することが可能。有料版は1カ月版と1年版を用意しており、それぞれは480円、2900円。いずれもデータ容量は無制限で、利用可能端末数は5台までとなる。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合