Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル

アイエスアイは、手のひらサイズの警告灯「どこでも警子ちゃん」の新モデル「DN-1600WD」を提供開始した。

同製品は、Wi-Fi接続に対応し、コマンドなどをもとにランプを点灯したり、内蔵ブザーを鳴らすことができる警告灯。

今回の新モデルでは、従来モデル「DN-1600W」に無電圧設定信号の入力機能を追加。外部機器やセンサーと接続し、接点信号をトリガーとして直接ランプやブザーを制御できる。

また発売にあわせて「DN-1600W」シリーズの機能を強化。「SNMPトラップ通知/MQTT通信」に対応し、同社警告灯「メル丸くん」を親機として警告を発したり、別の子機へ通報するといった連携が行える。

価格は4万9800円(税別)で、今後1年間に2000台の販売を目指して製品を展開していく。

(Security NEXT - 2021/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能