Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子会社の元従業員が顧客情報を持ち出し、すでに回収済み - DMG森精機

DMG森精機は、子会社の従業員が顧客情報を印刷して持ち出していたことを明らかにした。外部流出の可能性は否定している。

同社によれば、子会社であるDMG森精機セールスアンドサービスの京都テクニカルセンタに勤務していた営業担当者が、2017年8月に約300社の顧客情報を不正に自宅へ持ち帰っていたもの。同社システムにおいて異常を検知し、問題が発覚した。

持ち出されたのは、納入した製品の機種や機番、納入時期などで、顧客の技術情報や経理情報は含まれない。持ち出された情報はすべて回収した。現在、警察が捜査を進めているが、持ち出された情報の外部漏洩は確認されていないという。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック