Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向

2017年12月は、国内において少なくとも3万5000件以上のホストから、IoT機器に対する攻撃が行われたことがわかった。ホスト数は増加傾向にあり、IoT機器へマルウェア感染が拡大している可能性がある。

横浜国立大学とBBソフトサービスが、家庭を模した実験環境で2017年12月に観測したサイバー攻撃の状況を分析したもの。実験室では市販のIoT家電やネットワーク機器を設置。サイバー攻撃やマルウェアの活動状況について調査している。

12月は、1日平均3.5万件のホストから不正な侵入を試みるアクセスが行われ、1カ月を通じてのべ107万6723件の発信元より攻撃が行われた。173カ国から攻撃を観測しており、ユニークなホスト数は46万2344件にのぼる。

20180124_yb_001.jpg
アクセスしてきたホスト数と攻撃が行われたホスト数の推移(グラフ:BBSS、横浜国立大)

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか