Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向

2017年12月は、国内において少なくとも3万5000件以上のホストから、IoT機器に対する攻撃が行われたことがわかった。ホスト数は増加傾向にあり、IoT機器へマルウェア感染が拡大している可能性がある。

横浜国立大学とBBソフトサービスが、家庭を模した実験環境で2017年12月に観測したサイバー攻撃の状況を分析したもの。実験室では市販のIoT家電やネットワーク機器を設置。サイバー攻撃やマルウェアの活動状況について調査している。

12月は、1日平均3.5万件のホストから不正な侵入を試みるアクセスが行われ、1カ月を通じてのべ107万6723件の発信元より攻撃が行われた。173カ国から攻撃を観測しており、ユニークなホスト数は46万2344件にのぼる。

20180124_yb_001.jpg
アクセスしてきたホスト数と攻撃が行われたホスト数の推移(グラフ:BBSS、横浜国立大)

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査