Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle

Oracleは、定例更新である「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、「Java SE」に関する脆弱性21件を解消した。

今回のアップデートでは、CVEベースで21件の脆弱性を解消した。共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は5件。21件のうち18件に関してはリモートより攻撃が可能だとしている。

脆弱性により異なるが「同8 Update 152」のほか、すでにサポートが終了している「同7 Update 161」「同6 Update 171」および以前のバージョンが影響を受けるという。

同社では、脆弱性へ対処した「同8 Update 161」「同9.0.4」をリリース。JPCERTコーディネーションセンターなど関連団体なども同版以降へアップデートするよう呼びかけている。

20180117_or_001.jpg
「CVSS v3」のスコアが「7.0」以上の脆弱性(表:Oracle)

(Security NEXT - 2018/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定