Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle

Oracleは、定例更新である「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、「Java SE」に関する脆弱性21件を解消した。

今回のアップデートでは、CVEベースで21件の脆弱性を解消した。共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は5件。21件のうち18件に関してはリモートより攻撃が可能だとしている。

脆弱性により異なるが「同8 Update 152」のほか、すでにサポートが終了している「同7 Update 161」「同6 Update 171」および以前のバージョンが影響を受けるという。

同社では、脆弱性へ対処した「同8 Update 161」「同9.0.4」をリリース。JPCERTコーディネーションセンターなど関連団体なども同版以降へアップデートするよう呼びかけている。

20180117_or_001.jpg
「CVSS v3」のスコアが「7.0」以上の脆弱性(表:Oracle)

(Security NEXT - 2018/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート