Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加

ラックは、子会社ネットエージェントのフォレンジック事業の強化に向けて、データ復旧事業などを展開するデジタルデータソリューションと資本提携を結んだことを明らかにした。

ネットエージェントとデジタルデータソリューションの業務提携にともない、それらを支援する目的で資本参加を決定したもの。デジタルデータソリューションが発行する株式の8%にあたる3360株を取得する。

業務提携を通じて、ネットエージェントではフォレンジック事業において、デジタルデータソリューションの持つ個人や法人などの顧客基盤に向けて事業を展開。一方デジタルデータソリューションは、ネットエージェントの技術やノウハウを活用することでデータフォレンジック事業といった新規事業の拡大を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業