Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社

仮想現実(VR)アイドルを展開する岩本町芸能社は、顧客にメッセージカードを送付する際、個人情報やハンドル名について不適切な取り扱いがあったとして謝罪した。

同社によれば、2017年12月のイベントにおいて顧客へメッセージカードを送付したが、その際に一部でトラブルが発生したもの。

同社サイトでは個人情報の取得時にメッセージカードの送付について利用目的として示していたものの、告知において送付する可能性を示していない顧客に対してもメッセージカードを送付したという。

さらに送付する際、本名ではなくSNSで使用しているハンドル名を記載したため、不着となる事態が発生。メッセージカードには差出人の住所を記載しておらず、返送されないことから、対象顧客の特定が難しいとしている。

同社では、問い合わせ窓口を設置して対応。また個人情報の利用目的の記載方法やハンドル名の取り扱いについて見直しを行うとしている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載において、「個人情報の利用目的を示していなかった」との記載に誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
停止中のゲームタイトルを順次再開 - マイネット
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
オンラインゲームの再開、来週以降となる見込み - マイネット