Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正

VMwareが提供する「VMware Workstation」および「VMware Fusion」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。先に公開されたアップデートで対応済みだとしている。

IPv6利用時のNATサービスにおいて解放後のメモリへアクセスする「Use-after-free」の脆弱性「CVE-2017-4949」が明らかになったもの。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。同機能は既定では無効化されているという。

また整数オーバーフローの脆弱性「CVE-2017-4950」も存在。重要度は1段階低い「重要(Important)」にレーティングされている。

同社では、いずれもCPUに起因する脆弱性「Spectre」への緩和策を盛り込んだ1月9日のアップデート「Workstation 14.1.1」「同12.5.9」および「Fusion 10.1.1」「同8.5.10」にて修正しているという。

(Security NEXT - 2018/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
国税庁、107種類におよぶe-Tax関連ソフトのインストーラーを更新 - 最新版の利用を