Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Spectre」緩和策を追加した「macOS」や「iOS」を公開

Appleは、脆弱性「Spectre」に対する緩和策として「macOS High Sierra」および「iOS」向けにアップデートを公開した。Mac OSの旧バージョンに対しても「Safari」の更新をリリースしている。

20180109_ap_001.jpg
Appleによる「macOS High Sierra 10.13.2 Supplemental Update」のアナウンスメント

別名「Spectre」として知られ、CPUの投機的実行に対してサイドチャネル攻撃が行われるおそれがある脆弱性「CVE-2017-5753」「CVE-2017-5715」が明らかになったことから、同社ブラウザ「Safari」や「WebKit」向けに緩和策を追加したもの。

同社では、12月に公開したアップデートで「Meltdown」として知られる「CVE-2017-5754」の緩和策をすでに導入しており、今回のアップデート「macOS High Sierra 10.13.2 Supplemental Update」および「iOS 11.2.2」では、「Safari」における「Spectre」への緩和策を盛り込んだ。

「macOS High Sierra」では、「Safari 11.0.2(13604.4.7.1.6)」あるいは「同11.0.2(13604.4.7.10.6)」へバージョンアップされる。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ