Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響

Intelをはじめ、主要メーカーが提供するプロセッサ「CPU」に脆弱性が存在し、多くの環境に影響を及ぼすことがわかった。根本的な解決にはCPUを交換する必要があるが、OSによる影響の緩和も可能とされており、必要に応じてアップデートを実施するよう呼びかけられている。

データを解読する「投機的実行サイドチャネル攻撃」によってメモリロケーションからデータを取得できる脆弱性が明らかになったもの。

2種類の脆弱性が指摘されており、「CVE-2017-5754」は「Meltdown」、「CVE-2017-5753」「CVE-2017-5715」については「Spectre」と命名されている。悪用は確認されていない。

いずれも、CPUにおけるアーキテクチャの設計に起因。脆弱性を悪用することでセキュリティ機能「KASLR(Kernel Address Space Layout Randomization)」なども回避し、ユーザー権限で動作するアプリケーションより本来アクセスできないメモリの内容を取得することが可能になる。

脆弱なCPUを搭載した端末であれば、パソコンはもちろん、モバイル端末やクラウドなど幅広い環境へ影響。また脆弱性の攻撃を受けた場合、ログファイルには痕跡が残らず、気が付くことが難しいという。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定