Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府主催サイバー対策イベントのドメインにアダルト広告サイト

内閣府が2015年11月に開催した国際会議「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のドメインが関係ない第三者に取得され、出会い系サイトの宣伝に利用されていることがわかった。

20171222_nk_001.jpg
現在配信されているサイト。画像はモザイク処理を行っている。出会い系サービスへの誘導に利用しており、アダルト画像などを掲載していた

同カンファレンスは、「世界経済フォーラム(World Economic Forum)」の協力のもと、内閣府が2015年11月に沖縄県で開催したもの。

「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」などをテーマに、30カ国から400人を超える政策担当者や企業経営者、有識者などが参加した。

同イベントでは、ドメイン「cyber3conf-okinawa2015.jp」を使用。ウェブサイトではイベントの紹介のほか、報告書などが公開されていた。また事務局において同ドメインを用いたメールアドレスを利用している。

Whoisに登録された情報を見ると、2017年9月17日に現在の所有者が同ドメインを登録。出会い系サービスへの宣伝などに利用されている。ドメインとウェブサイトの内容に直接的な関連はなく、廃棄されたドメインをあえて取得したものと見られる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応