Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府主催サイバー対策イベントのドメインにアダルト広告サイト

内閣府が2015年11月に開催した国際会議「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のドメインが関係ない第三者に取得され、出会い系サイトの宣伝に利用されていることがわかった。

20171222_nk_001.jpg
現在配信されているサイト。画像はモザイク処理を行っている。出会い系サービスへの誘導に利用しており、アダルト画像などを掲載していた

同カンファレンスは、「世界経済フォーラム(World Economic Forum)」の協力のもと、内閣府が2015年11月に沖縄県で開催したもの。

「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」などをテーマに、30カ国から400人を超える政策担当者や企業経営者、有識者などが参加した。

同イベントでは、ドメイン「cyber3conf-okinawa2015.jp」を使用。ウェブサイトではイベントの紹介のほか、報告書などが公開されていた。また事務局において同ドメインを用いたメールアドレスを利用している。

Whoisに登録された情報を見ると、2017年9月17日に現在の所有者が同ドメインを登録。出会い系サービスへの宣伝などに利用されている。ドメインとウェブサイトの内容に直接的な関連はなく、廃棄されたドメインをあえて取得したものと見られる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに