Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う

長期のサービス停止を狙い、執拗にDDoS攻撃を行うケースが増えている。攻撃中だけでなく、防御側が攻撃を回避する時間が発生することも想定しており、攻撃者は低コストでダウンタイムの長期化を狙っているという。

米Akamai Technologiesが、2017年第3四半期におけるDDoS攻撃の観測状況を取りまとめ、報告したもの。

同四半期における「DDoS攻撃」の件数は前四半期から8%増加。「レイヤー3」「レイヤー4」に対する攻撃が8%増となったほか、リフレクション攻撃についても4%ほど増えている。

期間中に同社が観測したDDoS攻撃の最大トラフィックは109Gbps。ボットネット「Mirai」を利用した「ACKフラッド攻撃」だった。パケットの内容を見るとデータサイズがオリジナルの512バイトから900バイトに増加し、攻撃先のポートが80番から443番へ変更されていたという。

同期間中における「Mirai」以外の攻撃を見ると、104Gbpsの攻撃が発生していた。攻撃ベクトルを見ると、リフレクション攻撃が多くを占めており、「DNS」が16%で最多。「NTF」が12%で続く。さらに、従来は少なかった「CLDAP(Connection-less LDAP)」を利用したリフレクション攻撃も増えており、8.8%まで上昇した。

20171221_at_001.jpg
2017年第3四半期におけるDDoS攻撃の傾向(グラフ:米Akamai)

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加