Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション

安川情報システムは、工場に特化したクラウド型セキュリティソリューション「MMsmartSecurity」を、2018年1月より順次提供開始する。

同ソリューションは、制御情報ネットワークやコントロールネットワークなど、工場内のネットワークレイヤーごとにセキュリティ機能をクラウド経由で提供するもの。端末へエージェントの導入は不要。ネットワークを常時監視し、取得した情報を分析。脅威を可視化し、管理者へ異常を通知するという。

さらに工場向けに出入口対策サービスや、制御情報ネットワーク向けの不正通信検知サービス、コントロールネットワーク向けの不正端末持込み検知、制御サービスを提供する。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償