Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション

安川情報システムは、工場に特化したクラウド型セキュリティソリューション「MMsmartSecurity」を、2018年1月より順次提供開始する。

同ソリューションは、制御情報ネットワークやコントロールネットワークなど、工場内のネットワークレイヤーごとにセキュリティ機能をクラウド経由で提供するもの。端末へエージェントの導入は不要。ネットワークを常時監視し、取得した情報を分析。脅威を可視化し、管理者へ異常を通知するという。

さらに工場向けに出入口対策サービスや、制御情報ネットワーク向けの不正通信検知サービス、コントロールネットワーク向けの不正端末持込み検知、制御サービスを提供する。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence